VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【4】〜タイトルメニュー(PowerProducer編)

今回は、タイトルメニューについて紹介します。
タイトルメニューとは、

※サンプル映像にNHKクリエイティブ・ライブラリーを利用しています。
このようなものです。

PowerProducerPowerDirector
作成するBD(あるいはDVD)にタイトルメニューを設置することができ、
コンテンツへのアクセスが行いやすくなります。

タイトルメニューはテンプレートから作成します。
テンプレートは、

  • PowerProducerにプレインストール済みのテンプレート
  • CyberLinkのDirector Zoneというテンプレートダウンロードサイト
  • PowerDirectorによるテンプレート作成

などにより、入手できます。
プレインストール済みではあまりに選択肢がなさすぎるので、Director Zoneを覗いてみるべきだと思います。
それでもやはり納得するテンプレートがない場合は、PowerDirectorで作成することをおすすめします。

では、一通りの説明ができるように、

  • Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法
  • PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法

この二つのストーリーを紹介します。

まず、Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法です。

  1. 以前の投稿で紹介した動画取り込みを実施
  2. 「ディスク」画面にて「編集」の「メニュー」を選択する。
    メニュー設定へ
  3. 「メニューの設定」画面へ遷移するので、「追加テンプレートのダウンロード」を選択する。
    追加テンプレートのダウンロード
  4. Director Zoneがブラウザで起動するので(サインインして、)ログインし、所望のテンプレートを探してダウンロードする。(ダウンロードしたものはdzmという拡張子で保存されます。)
    Director Zonedzmアイコン
  5. ダウンロードしたものを実行する。
  6. 「メニューの設定」画面で「テンプレート」とを選択する。
    テンプレートへ
  7. ダウンロードしたテンプレートを選択する。(なければ、1度PowerProducerを再起動してみて下さい。)
    テンプレートを選択

テンプレートを決めた後は、BGMや文字列の内容や位置、色、フォント、また、サムネイルの位置変更が可能です。

メニューは階層になっていますので、階層を遷移しながら、各画面に設定を行う必要があります。
トップ画面からサムネイルの画面へ遷移するには「シーン」を選んで、「決定」をクリックします。
サムネイルの画面からは、「次のページ」「前のページ」「メインへ戻る」を使って、各画面へ遷移します。
メニュー間移動

最後に「OK」で完了です。

次回は、PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法を紹介します。