VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【6】〜書き込み(PowerProducer編)〜

編集した内容をBD(またはDVD)へ書き出す作業を行います。

まず、お手持ちのディスクドライブがBDやDVDの書き込みに対応しているか確認してください。
私の場合BDへの書き込みのため、今回、

BUFFALO BRXL-PC6VU2-BKC

を購入しました。

BD-Rについては、大事なデータですので、口コミ情報で信頼性が高そうな、
パナソニック LM-BRS25LT50

を購入しました。

さて、書き込みフェーズについても、PowerProducerとPowerDirectorで異なりますので、それぞれについて紹介します。
まずは、PowerProducerでの書き込みについて紹介します。

編集フェーズから、「次へ」を選択すると、
編集後、次へ
書き込み設定画面へ遷移します。

フォルダ作成

このフェーズから直接ディスクへ書き込むこともできるのですが、
一旦ハードディスクに書き込む内容を保存する方が確実です。
「ディスクの書き込み」のチェックを外し、「フォルダーの作成」へチェックを入れておきます。
DVDの場合は「ディスクイメージの保存」ができるのですが、BDではできないのでここでは説明しません。

「書き込み」を選択すると、指定したフォルダに
BDの場合は、「BDMV」と「CERTIFICATE」
DVDの場合は、「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」
が作成されます。

作成されたフォルダをメディアで書き込む手順はPowerProducerもPowerDirectorも同じです。
PowerDirectorでのフォルダ作成方法を説明する前に、先にメディアに書き込む方法を説明してしまいます。

フリーソフトのimgBurnを用いて、メディアに書き込むことができます。
imgBurnの設定でオプションタブを選択し、

DVDの場合は、
DVD オプション

BDの場合は、
BD オプション

を指定します。
ただし、imgBurnは2層メディアには弱いらしいです。

2層メディアの場合は、BDドライブのBRXL-PC6VU2-BKCにバンドルされていたPower2Goで書き込みを行うようにします。
もちろん1層も問題なく書き込めるので、BRXL-PC6VU2-BKC購入した場合なら、Power2Go一択で問題ありません。

  1. 「データディスク」を選択し、「DVD」or「BD」を選択する。
    データディスク作成
  2. 「設定」を選択し、「データ」タブ内の「ファイルシステム」から適切なUDFリビジョンを選択(DVDの場合2.0、BDの場合2.5)
    ファイルシステム選択
  3. 書き込むフォルダを上のフレームから下のフレームへドラッグアンドドロップし、「書き込み」します。
    書き込み

次はPowerDirectoryでのフォルダ作成の方法を説明します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【4】〜タイトルメニュー(PowerProducer編)

今回は、タイトルメニューについて紹介します。
タイトルメニューとは、

※サンプル映像にNHKクリエイティブ・ライブラリーを利用しています。
このようなものです。

PowerProducerPowerDirector
作成するBD(あるいはDVD)にタイトルメニューを設置することができ、
コンテンツへのアクセスが行いやすくなります。

タイトルメニューはテンプレートから作成します。
テンプレートは、

  • PowerProducerにプレインストール済みのテンプレート
  • CyberLinkのDirector Zoneというテンプレートダウンロードサイト
  • PowerDirectorによるテンプレート作成

などにより、入手できます。
プレインストール済みではあまりに選択肢がなさすぎるので、Director Zoneを覗いてみるべきだと思います。
それでもやはり納得するテンプレートがない場合は、PowerDirectorで作成することをおすすめします。

では、一通りの説明ができるように、

  • Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法
  • PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法

この二つのストーリーを紹介します。

まず、Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法です。

  1. 以前の投稿で紹介した動画取り込みを実施
  2. 「ディスク」画面にて「編集」の「メニュー」を選択する。
    メニュー設定へ
  3. 「メニューの設定」画面へ遷移するので、「追加テンプレートのダウンロード」を選択する。
    追加テンプレートのダウンロード
  4. Director Zoneがブラウザで起動するので(サインインして、)ログインし、所望のテンプレートを探してダウンロードする。(ダウンロードしたものはdzmという拡張子で保存されます。)
    Director Zonedzmアイコン
  5. ダウンロードしたものを実行する。
  6. 「メニューの設定」画面で「テンプレート」とを選択する。
    テンプレートへ
  7. ダウンロードしたテンプレートを選択する。(なければ、1度PowerProducerを再起動してみて下さい。)
    テンプレートを選択

テンプレートを決めた後は、BGMや文字列の内容や位置、色、フォント、また、サムネイルの位置変更が可能です。

メニューは階層になっていますので、階層を遷移しながら、各画面に設定を行う必要があります。
トップ画面からサムネイルの画面へ遷移するには「シーン」を選んで、「決定」をクリックします。
サムネイルの画面からは、「次のページ」「前のページ」「メインへ戻る」を使って、各画面へ遷移します。
メニュー間移動

最後に「OK」で完了です。

次回は、PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法を紹介します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【2】〜DVDからPCへの取り込み(PowerProducer編)〜

ダビングしたDVDができた後、次はこのDVDからPCへデータの取り込みを行います。

今回はオーサリングソフトを使った取り込み〜編集を紹介します。
お薦めするオーサリングソフトは、

  • PowerProducer
  • PowerDirector

です。どちらもCyberLink社製のオーサリングソフトになります。
PowerProducerは初心者向け、簡単に作成したい人向けです。
PowerDirectorはタイトルメニューを自分で作成したい人には必須です。
自分で作成しない場合は、プリインストールされたテンプレートかCyberLinkのオンラインコミュニティー(DirectorZone.com) で無料のテンプレートをダウンロードして利用することができます。

まずは、PowerProducerでの取り込み〜編集を紹介します。

ダビングしたDVDをPCが認識できる状態で、PowerProducerを起動します。

  1. 「ムービーディスクを作成」を選択する。
    PowerProducerトップ画面
  2. 「DVD」or「ブルーレイディスク」を選択して、「次へ」。
    対象ディスク選択
  3. 「ディスクのシーン」を選択する。
    読み込み/編集
  4. 取り込むタイトルあるいはチャプタを選択し、ディスクから取り出すアイコンをクリックする。(タイトル、チャプタは複数選択可能。)
    読み込み

これで取り込みが行われます。
タイトルをチェックするとタイトルを1つのファイルに。チャプタをチェックするとそのチャプタを1つのファイルに出力します。1つのファイルは3.27GBぐらい(約50分)と決まっているらしく、勝手に分割されます。あとの編集で結合することもできますが、繊細な人だと結合したことが分かるレベルなので、50分以内の適当なところ(シーン転換するようなところなど)でタイトルを分割するかチャプターを打っておくのがベストです。

ちなみに取り込んだ動画は、
【ドライブ名】:\Users\【ユーザ名】\Cyberlink\PowerProducer
配下に.mpgという拡張子で作成されます。

私の場合、これを日付とタイトルからなる名前でリネームして保存することを全てのVHSに対して先に行い、次の編集作業は全てのVHSをPCに保存してから行うようにしました。というのも、沢山あるVHSの年代順の考慮や、1枚のDVD、BDに入る容量などを把握するのに、圧倒的にPC上で行った方が効率が良かったからです。
1度PCに保存すれば、
先の手順で「ディスクのシーン」を選択していたところで、「動画」を選択して、直接保存した動画を読み込めます。
動画ファイルの読み込み

読み込みが完了したら、「ビデオクリップ」を選択します。
ビデオクリップへ
ビデオクリップ
ここで、タイトルの

  • 削除
  • 分割
  • 結合
  • サムネイル選定

といった編集を行います。
VHSのレベルではできなかったフレーム単位での編集ができます。
サムネイルはタイトルメニュー画面で表示されます。デフォルトでタイトル先頭シーンが採用されますが、
VHSから取り込んだ場合、タイトルの先頭にトラッキングノイズが発生していることが多いので、
別のシーンを選定するほうが良いと思います。
ちなみにデフォルトではモーションサムネイルといって、選択したシーンから十数秒を繰り返し再生するようなサムネイルがタイトル画面メニューで表示されます。(赤点の部分で再生されます。)
モーションサムネイル

次はPowerDirectorでの取り込み〜編集を紹介します。