VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【6】〜書き込み(PowerProducer編)〜

編集した内容をBD(またはDVD)へ書き出す作業を行います。

まず、お手持ちのディスクドライブがBDやDVDの書き込みに対応しているか確認してください。
私の場合BDへの書き込みのため、今回、

BUFFALO BRXL-PC6VU2-BKC

を購入しました。

BD-Rについては、大事なデータですので、口コミ情報で信頼性が高そうな、
パナソニック LM-BRS25LT50

を購入しました。

さて、書き込みフェーズについても、PowerProducerとPowerDirectorで異なりますので、それぞれについて紹介します。
まずは、PowerProducerでの書き込みについて紹介します。

編集フェーズから、「次へ」を選択すると、
編集後、次へ
書き込み設定画面へ遷移します。

フォルダ作成

このフェーズから直接ディスクへ書き込むこともできるのですが、
一旦ハードディスクに書き込む内容を保存する方が確実です。
「ディスクの書き込み」のチェックを外し、「フォルダーの作成」へチェックを入れておきます。
DVDの場合は「ディスクイメージの保存」ができるのですが、BDではできないのでここでは説明しません。

「書き込み」を選択すると、指定したフォルダに
BDの場合は、「BDMV」と「CERTIFICATE」
DVDの場合は、「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」
が作成されます。

作成されたフォルダをメディアで書き込む手順はPowerProducerもPowerDirectorも同じです。
PowerDirectorでのフォルダ作成方法を説明する前に、先にメディアに書き込む方法を説明してしまいます。

フリーソフトのimgBurnを用いて、メディアに書き込むことができます。
imgBurnの設定でオプションタブを選択し、

DVDの場合は、
DVD オプション

BDの場合は、
BD オプション

を指定します。
ただし、imgBurnは2層メディアには弱いらしいです。

2層メディアの場合は、BDドライブのBRXL-PC6VU2-BKCにバンドルされていたPower2Goで書き込みを行うようにします。
もちろん1層も問題なく書き込めるので、BRXL-PC6VU2-BKC購入した場合なら、Power2Go一択で問題ありません。

  1. 「データディスク」を選択し、「DVD」or「BD」を選択する。
    データディスク作成
  2. 「設定」を選択し、「データ」タブ内の「ファイルシステム」から適切なUDFリビジョンを選択(DVDの場合2.0、BDの場合2.5)
    ファイルシステム選択
  3. 書き込むフォルダを上のフレームから下のフレームへドラッグアンドドロップし、「書き込み」します。
    書き込み

次はPowerDirectoryでのフォルダ作成の方法を説明します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【1】〜VHSからDVDへのダビング〜

このたび、20年以上前のVHS-CやVHSをBDへ書き込む作業を行いましたので、レポートしておきます。
VHSを再生できる機器が次第に無くなってきている昨今、同じようなことを考えておられる方のお役に立てればと思います。

  1. VHSからDVDへのダビング
  2. DVDからPCへの取り込み
  3. BD(あるいはDVD)メニュー作成
  4. BD(あるいはDVD)への書き込み

という順番に説明していきます。

まずは、VHSからDVDへのダビングについてです。
今回の作業にはVHSを再生でき、それをデジタル化できる機器が必要です。
そこで、VHSからDVDへダビングできる機器を探しました。

私が選んだのは、
DXアンテナ製 地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型DVDレコーダー DXR160V
DXR160V

です。現在も新品で手に入れることができる数少ない製品です。
大事な映像データですので、良い状態でダビングするためにも新品を選びました。
新品で手に入れても、作業後オークションなどに出品すれば、実質数千円程度のコストで済みます。
また、VHSなどからデジタル化を代行してくれる業者は沢山ありますが、
量が多い場合は自分でやった方が断然安くできます。

今回、デジタル化する対象には、VHS-Cもありましたので、VHSへ変換するアダプタも必要でした。
VHS-CはVHSよりもコンパクトなカセットで、アダプタを利用することでVHSとして使うことができます。

このような感じのものです。当時使っていたVictor製のアダプタが残っていたので今回はそれを使います。
VHS-C アダプター

最終的にBDではなく、DVDにするのであれば、ダビングするだけで作業は終わってしまうのですが、
DXR160Vに限らず、一般的なレコーダはPCのDVD編集(タイトルメニューなどの作成)機能と比べて若干使いにくいので、
一旦DVDにダビングし、DVDからPCへ取り込み、PCで編集したほうが良いと思います。
そのため、ダビング先となるDVDはDVD-R(1回だけ書き込み可能)ではなく、DVD-RW(何回でも書き込み可能)を使い、
DXR160VとPC間のデータの運び屋として使うと良いと思います。
つまり、
VHS→DVD-RW(運び屋)→PC(編集して)→DVD or BD
というデータの流れになります。

以後の作業も含め、DXR160Vのリモコン内で使用するボタンは、赤で示したボタンのみで、操作はシンプルです。
DXR-160Vリモコン

まず、ダビングの手順です。

  1. VHS(またはVHS−Cをセットしたアダプタ)とDVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「録画モード」ボタンで所望の録画モードを選択します。(私は映像劣化をできるだけ少なくするために、XPにしました。)
  4. 「ビデオ」ボタンでビデオモードに切り替えます。
  5. 「再生」と「停止」ボタンを使い、ダビング開始位置でVHSを停止させます。
  6. 「ダビング」ボタンでダビングを開始します。
  7. ダビング終了位置にて「停止」ボタンでダビングを終了します。

これでダビングができます。
録画モードがXPであれば、1時間程度の映像をDVDへ入れることができます。
その時間範囲で、最後の3手順を繰り返すことができます。

説明が前後しますが、
使用するDVD-R(またはDVD-RW)はフォーマットしておく必要があります。
DXR160Vでも簡単にできます。

  1. DVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「セットアップ」ボタンで画面遷移します。
  4. 「ディスク管理」を選択して、「決定」ボタン。
  5. 「フォーマット」→「VRモード」を選択して、「決定」ボタン。

dvdformat
です。VRモードでフォーマットして下さい。

また、DVD-RWを運び屋として使う場合は、作業の前に前回のタイトルを消す必要があります。これもDXR-160Vで簡単にできます。(フォーマットしてしまうのもありだと思います。)

  1. DVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「トップメニュー」ボタンで画面遷移します。
  4. 表示されたタイトル一覧で削除するタイトルを選択して、「決定」ボタン。
  5. 「タイトルを削除」を選択すると削除できます。

タイトル削除
で、全タイトルを削除して、再び、1時間分貯める、という作業を繰り返すことになるかと思います。
2枚程度DVD-RWを用意し、ローテーションさせて、次の作業である「DVDからPCへの取り込み」と並行に作業すると良いと思います。
(どちらも時間を要する処理ですので。)

次はその「DVDからPCへの取り込み」を紹介します。