Lenovo G500のメモリ4GB→16GB増設

知人がLenovo G500 59409306をに購入しました。
購入した理由は、価格.comのノートパソコンで人気上位かつAmazonが最安値近くで販売していたため、だそうです。

g500-lenovo

確かに安いです。
ただ、標準だとメモリが4GBとのことで、今回メモリの増設をお願いされました。
スペックを確認すると8GBが公には最大のようですが、

英語圏でのノートブックレビューサイトでG500のアップグレードに関するQ&A

手持ちのMacBook Proから8GBメモリ2枚をG500に移して、システム的には認識した

口コミレビューまとめサイト内のG500レビューに対して付けられていたコメント

メモリーは元々の4GBのSO-DIMMを抜いて8GBのPC1600型のものを二枚入れて16GBに増設。(レビュー本文でなくコメント欄に記載)

Amtel Computersというコンピュータ会社のサイト内におかれていたG500のスペック表

Up to 16GB DDR3 memory

などから、16GBへの増設も可能なようです。

ということで、まずは、メモリを8GB x 2 = 16GB買いました。自分のMacBook Proで使用しているメモリと同じメーカー「Transcend」のものです。特に問題なく使用できている信頼感と、他のG500メモリ換装報告でも使用されている安心感からの購入です。

単品だと
トランセンド JM1600KSH-8G [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB]

今回は2枚必要なので、
トランセンド JM1600KSH-16GK [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組]

です。断然、お得でした。(価格.comでも最安付近でした)

届いたメモリです。
transcend8gx2

では、ここから、取り付けの説明に入ります。

  1. パソコンの背面を上に向けます。
    memory_replace0
  2. バッテリーを取り外します。
    memory_replace1
  3. バッテリーを外して見えたネジ2本を外します。
    memory_replace2
  4. すると底蓋を外すことができます。赤線で示したスロットに元のメモリがありますので、外して、新しいメモリを差し込みます。
    memory_replace3
  5. 認識しているか確認します。16GBに増えています。
    memory_replace4

作業完了です。

MacBook Pro(15-Inch, Early 2011)のメモリ4GB→16GB増設

MacBook Pro(15-Inch, Early 2011)

を現在のSnow Leopard から Mountain Lionにしようと思ったのですが、どうも現在の4GBのメモリでは苦しそうだということが、いろいろな方のブログなどからわかりました。

そこで今回のメモリの増設となりました。このMacBook Proの公式な対応メモリ容量のMAXは8GBなのですが、いろいろな方の情報だと16GBも可能、とのことでしたので、8GBメモリの二枚挿し、16GBに増設することにしました。

肝心のメモリは、Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 8GB 永久保証 JM1333KSH-8G

を2枚購入しました。Tポイントも使えましたので、合計5000円ほどで購入しました。
また、裏ぶたをあけるためのドライバを100円ショップで購入しました。

数日後、メモリが無事届きました。
届いたメモリ

さっそく裏ぶたをはずそうとしたのですが、どうしても緩められないネジがありました。100円ショップで購入した#00のプラスドライバーではグリップに力が入らないためのようで、しっかりしたドライバーを買う必要があると判断し、
VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 +00×75

を購入しました。

数日後、ドライバーが無事届きました。
届いたドライバー

半信半疑でしたが、届いたドライバーを使うとあっけなく裏ぶたを開けることができました。
蓋開け直後

中央部にメモリのスロットがあり、両サイドのフックを広げて外すと二枚重なっているのがわかります。
二枚重なっているメモリ

二枚を届いたメモリと交換し、裏ぶたを閉めて、動作確認をしました。
mac_16gb

BootCampに入れているWindows7でも当然16GBになっています。
win_16gb

メモリ増設成功です。