最近、Ubuntuで仮想デスクトップの有用性にようやく気づき、常に使用するようになりました。
そんなこともあり、ではMacでもやってみよう、と思いました。
概念というか操作体系も違っているので以下紹介しておきます。Mountain Lion上でMissionControlという機能の話となります。

まず現状のデスクトップの利用状況をみるためにトラックパッドを指三本で手前から奥へスライドさせます。(逆にスライドさせると元に戻ります。)
すると、

となります。
ここで扱うデスクトップを追加するには、まず、ポインタを画面の端へ持っていくと出現する「+」エリア(下図、赤枠)を表示させます。

そのエリアに中央のウィンドウをドラッグアンドドロップすると、

「デスクトップ2」として追加になりました。
この状態で上部のデスクトップをクリックして画面を切り替えることもできますが、3本指で奥から手前へスライドして元の画面に戻ったあと、3本指で左右にスライドさせることでもデスクトップを切り替えることができます。

ほかにもいろいろできそうですが、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>