SSD SANDISK SSDプラス SDSSDA-240G-J25C

昨日、とある量販店に行ってきました。そこで、派手なPOPとともに大々的に売られているSSDがありました。
帰宅後調べてみると現在、SSDで売れ筋上位の製品だったようです。今回はそのSSDを紹介します。

その商品は、SanDiskから発売されている、SSDプラス SDSSDA-240G-J25C

という製品です。SSDにしては、比較的、低価格で売られています。
価格重視の割り切った製品のようです。
ですが、SanDiskという名の知れたメーカ製品なので、期待を裏切らないコストパフォーマンスを発揮してくれます。

フラッシュメモリーの1つの記録素子に2ビット以上のデータを書き込むMLCを採用しています。
速度は、リードが520MB/sで、ライトが350MB/sです。

信頼性については、そんなに気にすることはありません。故障するまでの時間平均MTBFが175万時間もあるので、サーバー向けHDDに匹敵します。しかもAmazonで購入した製品にも保証は3年間あるので安心です。

また、HDDに比べたら当然ながら格段に速いので、HDDとの入れ替え用途に非常に向くと思います。旧型のパソコンを延命するには最適な製品です。
例えば、中古のノートPCを購入してSSDに入れ替えれば、思いの外、コストパフォーマンスの高いパソコンを手に入れたのと同等の感触を得られると思います。
もちろん、今売れ筋のPCに対しても効果はあります。例えば、ノートPCで売れ筋上位のLenovo G50 80G001SHJP

のSSD換装を行った友人がいまして、換装後、非常に快適になったそうです。
その話を聞いて、本当に安くて良い環境が簡単に整う時代になったものだなぁと思います。

このSSDはオススメです。

ビデオカード MSI GTX 980TI GAMING 6G [PCIExp 6GB]

パソコンでゲームをプレーしたいユーザーは、家庭用のゲーム機を凌駕する快適な環境を求めていそうですが、その快適さの基準の一つが4K/60fpsかと思います。
感覚的には、かなりハイエンドのカードを複数枚使うことで、4Kのゲームを60fpsで遊べそうな気がしましたので、現在、売れ筋上位のMSIの「GTX 980TI GAMING 6G」を2枚使って、4Kのゲームを遊んでみました。

「MSI / GTX 980TI GAMING 6G」

は、MSIがGPUクーラー「TWIN FROZR V」を搭載したGeForce GTX 980 Ti搭載ビデオカードです。オーバークロック、静音などの動作モードを切り替えられるモデルで、アイドル時は静音、性能がほしくなった時には性能をひきあげるオーバークロック、という使い方が可能です。

GPUクーラーの「TWIN FROZR V」は、GPUの温度に応じてファンを制御する「ZERO FROZR」という機能に対応しています。負荷があまりないときは、温度が60℃にならないとファンは動作しません。

動作モードの切り替えは、付属ソフトの「MSI Gaming App」で行えます。オーバークロック、ゲーミング、サイレント、3つの動作モードがあり、手軽に切り替えできます。SLI時は複数カードが連動して動作するようになっています。
各動作モードについては、デフォルトは「OCモード」で、このモードではGPUが1178MHzで動作します。GeForce GTX 980 Ti自体の参考クロックが1000MHzなので、オーバークロックされていることになります。

補助電源用のコネクタは8ピン2系統です。

VRAMには6GBのGDDR5メモリを搭載しています。クロックはOCモード時に7096MHz、それ以外のモードでは7008MHzで動作します。ディスプレイ出力端子はDisplayPort 1.2が3つと、HDMI 2.0、DVI-Iを各1つずつ搭載しています。4画面の同時出力が可能です。

さて、本題の2枚の「GTX 980TI GAMING 6G」を使って、4Kゲームを最高画質設定で遊んでみました。

ビデオカード以外の環境は、
マザーボード「ASUS / RAMPAGE V EXTREME/U3.1」

CPU 「Intel / Core i7-5960X Extreme Edition」

メモリ 「Corsair / CMK8GX4M2A2133C13」[DDR4 PC4-17000 4GB 2枚]

電源 「ENERMAX / REVOLUTION87+ ERV1200EWT-G」

ディスプレイ 「LGエレクトロニクス / 27MU67-B」

です。

プレーしたのは「メタルギアソリッド V ファントムペイン」です。
これを解像度、最高3840×2160ドットの4Kでやってみました。
結果、プレー中、フレームレートは常時60fpsを保ち続けました。最高の状態の「メタルギアソリッド V ファントムペイン」を楽しむことができます。

また、ついでなので、GTX 980TI GAMING 6G「単体」のパフォーマンスについても確認してみました。
わかりやすいように、比較対象として、1つ下位のGPUであるGeForce GTX 980を搭載した「GTX 980 GAMING 4G」についても、パフォーマンスを確認してみました。

「メタルギアソリッド V ファントムペイン」では、1920×1080フルHDにおいて、どちらのカードでもプレー中、フレームレートは常時60fpsを保ち続けました。「メタルギアソリッド V ファントムペイン」をフルHD解像度で遊ぶのであればGTX 980、GTX 980TIで差はないということになります。
しかし、最高3840×2160ドットの4Kでは、両GPUともフレームレートが60fpsには届かず、GTX 980 GAMING 4G(GTX 980)が32fpsで、GTX 980TI GAMING 6G(GTX 980 Ti)が44fpsとなりました。これらのビデオカードを購入の際の一つの指標になるかと思います。

さらについですが、搭載されているGPUクーラー「TWIN FROZR V」の冷却能力と消費電力についても確認してみました。

室温が26℃の環境の下で、確認開始時点でファンの回転数は0でした。これは「TWIN FROZR V」のセミファンレス機能のためです。この機能はGPUに負荷がかかっていない状況下で、GPUの温度が60℃に至っていない場合はファンを停止します。
確認開始後、徐々にGPU温度の上昇が始まりますが、72℃程度で温度上昇は止まります。ファンによる制御が的確に行われていることを示しています。ファンの最大回転数は約1360rpmで、動作音はかなり小さいです。
次に電力についてです。GeForce GTX 980 Tiの消費電力は最大値で約361Wです。GeForce GTX 980は約280Wなので、GeForce GTX 980 Tiのほうが電力は消費することになります。
また、GeForce GTX 980 Tiを二枚使う場合は消費電力は約588Wです。電源は850Wクラスの製品でも十分GeForce GTX 980 TiのSLIで使えそうです。

ということで、
もしGPUの購入を考えているならば、求める性能と価格のバランスを見極めて、

  • GTX 980 GAMING 4G
  • GTX 980TI GAMING 6G
  • GTX 980TI GAMING 6G x 2

これらを選択肢に加えられることをオススメします。

Lenovo G500のメモリ4GB→16GB増設

知人がLenovo G500 59409306をに購入しました。
購入した理由は、価格.comのノートパソコンで人気上位かつAmazonが最安値近くで販売していたため、だそうです。

g500-lenovo

確かに安いです。
ただ、標準だとメモリが4GBとのことで、今回メモリの増設をお願いされました。
スペックを確認すると8GBが公には最大のようですが、

英語圏でのノートブックレビューサイトでG500のアップグレードに関するQ&A

手持ちのMacBook Proから8GBメモリ2枚をG500に移して、システム的には認識した

口コミレビューまとめサイト内のG500レビューに対して付けられていたコメント

メモリーは元々の4GBのSO-DIMMを抜いて8GBのPC1600型のものを二枚入れて16GBに増設。(レビュー本文でなくコメント欄に記載)

Amtel Computersというコンピュータ会社のサイト内におかれていたG500のスペック表

Up to 16GB DDR3 memory

などから、16GBへの増設も可能なようです。

ということで、まずは、メモリを8GB x 2 = 16GB買いました。自分のMacBook Proで使用しているメモリと同じメーカー「Transcend」のものです。特に問題なく使用できている信頼感と、他のG500メモリ換装報告でも使用されている安心感からの購入です。

単品だと
トランセンド JM1600KSH-8G [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB]

今回は2枚必要なので、
トランセンド JM1600KSH-16GK [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組]

です。断然、お得でした。(価格.comでも最安付近でした)

届いたメモリです。
transcend8gx2

では、ここから、取り付けの説明に入ります。

  1. パソコンの背面を上に向けます。
    memory_replace0
  2. バッテリーを取り外します。
    memory_replace1
  3. バッテリーを外して見えたネジ2本を外します。
    memory_replace2
  4. すると底蓋を外すことができます。赤線で示したスロットに元のメモリがありますので、外して、新しいメモリを差し込みます。
    memory_replace3
  5. 認識しているか確認します。16GBに増えています。
    memory_replace4

作業完了です。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【7】〜書き込み(PowerDirector編)〜

PowerDirectoryでのフォルダ作成の方法を説明します。

  1. ディスク作成タブを選択し、「〜で書き込み」をクリックする。
    PowerDirector書き込み入口
  2. 「フォルダーの作成」にチェックを入れ、「フォルダーディレクトリー」にフォルダの作成先を指定し、「書き込み開始」をクリックする。
    PowerDirector書き込み開始

これで、PowerProducer編と同様に、
指定したフォルダに
BDの場合は、「BDMV」と「CERTIFICATE」
DVDの場合は、「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」
が作成されます。

後は、PowerProducer編と同様に、メディアに書き込むだけです。

お疲れさまでした。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【6】〜書き込み(PowerProducer編)〜

編集した内容をBD(またはDVD)へ書き出す作業を行います。

まず、お手持ちのディスクドライブがBDやDVDの書き込みに対応しているか確認してください。
私の場合BDへの書き込みのため、今回、

BUFFALO BRXL-PC6VU2-BKC

を購入しました。

BD-Rについては、大事なデータですので、口コミ情報で信頼性が高そうな、
パナソニック LM-BRS25LT50

を購入しました。

さて、書き込みフェーズについても、PowerProducerとPowerDirectorで異なりますので、それぞれについて紹介します。
まずは、PowerProducerでの書き込みについて紹介します。

編集フェーズから、「次へ」を選択すると、
編集後、次へ
書き込み設定画面へ遷移します。

フォルダ作成

このフェーズから直接ディスクへ書き込むこともできるのですが、
一旦ハードディスクに書き込む内容を保存する方が確実です。
「ディスクの書き込み」のチェックを外し、「フォルダーの作成」へチェックを入れておきます。
DVDの場合は「ディスクイメージの保存」ができるのですが、BDではできないのでここでは説明しません。

「書き込み」を選択すると、指定したフォルダに
BDの場合は、「BDMV」と「CERTIFICATE」
DVDの場合は、「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」
が作成されます。

作成されたフォルダをメディアで書き込む手順はPowerProducerもPowerDirectorも同じです。
PowerDirectorでのフォルダ作成方法を説明する前に、先にメディアに書き込む方法を説明してしまいます。

フリーソフトのimgBurnを用いて、メディアに書き込むことができます。
imgBurnの設定でオプションタブを選択し、

DVDの場合は、
DVD オプション

BDの場合は、
BD オプション

を指定します。
ただし、imgBurnは2層メディアには弱いらしいです。

2層メディアの場合は、BDドライブのBRXL-PC6VU2-BKCにバンドルされていたPower2Goで書き込みを行うようにします。
もちろん1層も問題なく書き込めるので、BRXL-PC6VU2-BKC購入した場合なら、Power2Go一択で問題ありません。

  1. 「データディスク」を選択し、「DVD」or「BD」を選択する。
    データディスク作成
  2. 「設定」を選択し、「データ」タブ内の「ファイルシステム」から適切なUDFリビジョンを選択(DVDの場合2.0、BDの場合2.5)
    ファイルシステム選択
  3. 書き込むフォルダを上のフレームから下のフレームへドラッグアンドドロップし、「書き込み」します。
    書き込み

次はPowerDirectoryでのフォルダ作成の方法を説明します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【5】〜タイトルメニュー(PowerDirector編)〜

今回はPowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法を紹介します。

  1. 「フル機能エディター」を選択する。
    フル機能エディターへ
  2. 「ディスク作成」タブを選択し、「メニューの環境設定」タブを選択し、「メニュー作成」を選択する。
    PowerDirectorメニュー作成
  3. メニューデザイナーが起動する。
    メニューデザイナー

メニューデザイナーは直感的に操作ができるので、ここでの詳細の説明は省略します。
代わりに、CyberLinkの公式ページのチュートリアルを提示しておきます。

ただ、このPowerDirectorで作成できるテンプレートにもかなり制限があり、細かいところに手が届かないところがありました。
ここでは、2点ほど気に入らなかった点を泥臭く解決したので、紹介しておきます。

まず、1点目。メニュー内で作成されるサムネイルに表示される映像は、元映像の内側をトリミングするような形で表示されます。
かなり内側をトリミングしてしまうので、見た目残念な場合があります。
例えば、
元映像
のような映像を普通にサムネイル化すると、
残念なサムネイル
となってしまいます。
このトリミング枠をもっと外側へ広げたい場合、作成したメニューが保存されている
【ドライブ名】:\Users\yo\Documents\CyberLink\Custom Menus\3.0\Menu_XXX
のframeフォルダのstd_frame.xmlを修正します。(XXXは通し番号)

<FRAME ID="2" image="FM25.png" image_16v9="FM25_16v9.png" mask="FM25M.png" mask_16v9="FM25_16v9M.png" StereoSource="MONOSCOPIC">
    <CONTROLPOINT ID="1" left="0.000000" top="0.000000"/>
    <CONTROLPOINT ID="2" left="1.000000" top="0.000000"/>
    <CONTROLPOINT ID="3" left="1.000000" top="1.000000"/>
    <CONTROLPOINT ID="4" left="0.000000" top="1.000000"/>
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="1" left="0.000000" top="0.000000"/>
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="2" left="1.000000" top="0.000000"/>
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="3" left="1.000000" top="1.000000"/>
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="4" left="0.000000" top="1.000000"/>
</FRAME>

この元コードを

<FRAME ID="2" image="FM25.png" image_16v9="FM25_16v9.png" mask="FM25M.msk" mask_16v9="FM25_16v9M.msk" StereoSource="MONOSCOPIC">
    <CONTROLPOINT ID="1" left="0.056250" top="0.168750" />
    <CONTROLPOINT ID="2" left="0.947500" top="0.168750" />
    <CONTROLPOINT ID="3" left="0.947500" top="0.831250" />
    <CONTROLPOINT ID="4" left="0.056250" top="0.831250" />
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="1" left="0.056250" top="0.250000" />
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="2" left="0.947500" top="0.250000" />
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="3" left="0.947500" top="0.753750" />
    <CONTROLPOINT_16v9 ID="4" left="0.056250" top="0.753750" />
</FRAME>

のようにFRAMEタグのmask、mask_16v9属性値(.png->.msk)、CONTROLPOINTタグのleft、top属性値を修正します。
結果、
OKなサムネイル
のように改善されます。

2点目。シーン画面で表示されるナビゲーションボタンの選択状態の表現が、緑色のバーしかないため、緑背景時には選択状態が分かりにくくなってしまいます。
20140323_select_ng

この形状と色を変更する方法を見つけました。
先ほどのframeフォルダと同階層のpcbgフォルダ内のPCBG_InvincibleHL.pngが形状を担っています。
20140323_select_bar_ng
黒色のPNG画像ですので、所望の形状を黒色で描いて保存してください。
例えば
20140323_select_bar_ok

色はhighlightのstd_highlight.xmlの00CC66(緑)を適切なRGB色成分に書き換えて下さい。
例えば、黄色にするなら、

<?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>
  <HIGHLIGHTLIST>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="000000" color2="000000" color1="000000" textColor="000000" textColor_grayscale="000000" bkcolor_grayscale="000000" bkcolor="000000" highlightIcon_grayscale="" highlightIcon="" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1" image="" ID="1"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="00CC66" textColor="FF00FF" textColor_grayscale="FF00FF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FFFFFF" highlightIcon_grayscale="" highlightIcon="" image_grayscale_16v9="GHL25_16v9.png" image_16v9="GHL25_16v9.png" image_grayscale="GHL25.png" image="GHL25.png" ID="2"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="00CC66" textColor="FFFFFF" textColor_grayscale="FFFFFF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FFFFFF" highlightIcon_grayscale="square_shape.png" highlightIcon="square_shape.png" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1_user.png" image="HL1_user.png" ID="3"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="FFFF00" textColor="FFFFFF" textColor_grayscale="FF00FF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FF00FF" highlightIcon_grayscale="GIcon.png" highlightIcon="Icon.png" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1_user.png" image="HL1_user.png" ID="4"/>
</HIGHLIGHTLIST>

<?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>
  <HIGHLIGHTLIST>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="000000" color2="000000" color1="000000" textColor="000000" textColor_grayscale="000000" bkcolor_grayscale="000000" bkcolor="000000" highlightIcon_grayscale="" highlightIcon="" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1" image="" ID="1"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="FFFF00" textColor="FF00FF" textColor_grayscale="FF00FF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FFFFFF" highlightIcon_grayscale="" highlightIcon="" image_grayscale_16v9="GHL25_16v9.png" image_16v9="GHL25_16v9.png" image_grayscale="GHL25.png" image="GHL25.png" ID="2"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="FFFF00" textColor="FFFFFF" textColor_grayscale="FFFFFF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FFFFFF" highlightIcon_grayscale="square_shape.png" highlightIcon="square_shape.png" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1_user.png" image="HL1_user.png" ID="3"/>
    <HIGHLIGHT StereoSource="MONOSCOPIC" color3="00FF00" color2="FFFF00" color1="FFFF00" textColor="FFFFFF" textColor_grayscale="FF00FF" bkcolor_grayscale="FFFFFF" bkcolor="FF00FF" highlightIcon_grayscale="GIcon.png" highlightIcon="Icon.png" image_grayscale_16v9="" image_16v9="" image_grayscale="HL1_user.png" image="HL1_user.png" ID="4"/>
  </HIGHLIGHTLIST>

のように書き換えます。
すると、
20140323_select_ok
のような感じになります。

これでそれなりに納得できるメニューを作成することができました。

次は、最後の手順、ディスクへの書き込みです。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【4】〜タイトルメニュー(PowerProducer編)

今回は、タイトルメニューについて紹介します。
タイトルメニューとは、

※サンプル映像にNHKクリエイティブ・ライブラリーを利用しています。
このようなものです。

PowerProducerPowerDirector
作成するBD(あるいはDVD)にタイトルメニューを設置することができ、
コンテンツへのアクセスが行いやすくなります。

タイトルメニューはテンプレートから作成します。
テンプレートは、

  • PowerProducerにプレインストール済みのテンプレート
  • CyberLinkのDirector Zoneというテンプレートダウンロードサイト
  • PowerDirectorによるテンプレート作成

などにより、入手できます。
プレインストール済みではあまりに選択肢がなさすぎるので、Director Zoneを覗いてみるべきだと思います。
それでもやはり納得するテンプレートがない場合は、PowerDirectorで作成することをおすすめします。

では、一通りの説明ができるように、

  • Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法
  • PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法

この二つのストーリーを紹介します。

まず、Director Zoneからテンプレートをダウンロードして、PowerProducerで利用する方法です。

  1. 以前の投稿で紹介した動画取り込みを実施
  2. 「ディスク」画面にて「編集」の「メニュー」を選択する。
    メニュー設定へ
  3. 「メニューの設定」画面へ遷移するので、「追加テンプレートのダウンロード」を選択する。
    追加テンプレートのダウンロード
  4. Director Zoneがブラウザで起動するので(サインインして、)ログインし、所望のテンプレートを探してダウンロードする。(ダウンロードしたものはdzmという拡張子で保存されます。)
    Director Zonedzmアイコン
  5. ダウンロードしたものを実行する。
  6. 「メニューの設定」画面で「テンプレート」とを選択する。
    テンプレートへ
  7. ダウンロードしたテンプレートを選択する。(なければ、1度PowerProducerを再起動してみて下さい。)
    テンプレートを選択

テンプレートを決めた後は、BGMや文字列の内容や位置、色、フォント、また、サムネイルの位置変更が可能です。

メニューは階層になっていますので、階層を遷移しながら、各画面に設定を行う必要があります。
トップ画面からサムネイルの画面へ遷移するには「シーン」を選んで、「決定」をクリックします。
サムネイルの画面からは、「次のページ」「前のページ」「メインへ戻る」を使って、各画面へ遷移します。
メニュー間移動

最後に「OK」で完了です。

次回は、PowerDirectorでテンプレートを作成して、利用する方法を紹介します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【3】〜DVDからPCへの取り込み(PowerDirector編)〜

今回は、
PowerDirector

での取り込み〜編集を紹介します。

ダビングしたDVDをPCが認識できる状態で、PowerDirectorを起動します。

  1. 「フル機能エディター」を選択する。
    フル機能エディターへ
  2. 「キャプチャ」タブを選択。
  3. すぐ右下の「外部または光学デバイスからキャプチャー」タブを選択。
  4. 画面右下「ドライブ」でDVDドライブを選択。
  5. 「フォルダ変更」で取り込んだ動画の保存場所を指定
  6. 「プロファイル」で取り込み形式「MPEG2」を指定
  7. 「ムービー」まるごと取り込むか、タイトルまるごと取り込むか、チャプターを取り込むか、チェックボックスで指定
  8. 赤ボタンクリックする
  9. 取り込み画面

これで取り込みが行われます。

読み込みが完了したら、

  1. 「ディスク作成」タブを選択する
  2. 「コンテンツ」タブを選択する
  3. 「追加の動画をインポート」アイコンをクリックし、取り込んだ動画を選択する
  4. 「このタイトルを編集する」アイコンをクリックする
  5. コンテンツ

最後の手順で、動画の編集へ遷移します。
コンテンツ編集

この画面でPowerProducerでも行えた

  • 削除
  • 分割
  • 結合
  • サムネイル選定

をはじめ、その他多数の編集が可能です。

次回は、タイトルメニューについて紹介します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【2】〜DVDからPCへの取り込み(PowerProducer編)〜

ダビングしたDVDができた後、次はこのDVDからPCへデータの取り込みを行います。

今回はオーサリングソフトを使った取り込み〜編集を紹介します。
お薦めするオーサリングソフトは、

  • PowerProducer
  • PowerDirector

です。どちらもCyberLink社製のオーサリングソフトになります。
PowerProducerは初心者向け、簡単に作成したい人向けです。
PowerDirectorはタイトルメニューを自分で作成したい人には必須です。
自分で作成しない場合は、プリインストールされたテンプレートかCyberLinkのオンラインコミュニティー(DirectorZone.com) で無料のテンプレートをダウンロードして利用することができます。

まずは、PowerProducerでの取り込み〜編集を紹介します。

ダビングしたDVDをPCが認識できる状態で、PowerProducerを起動します。

  1. 「ムービーディスクを作成」を選択する。
    PowerProducerトップ画面
  2. 「DVD」or「ブルーレイディスク」を選択して、「次へ」。
    対象ディスク選択
  3. 「ディスクのシーン」を選択する。
    読み込み/編集
  4. 取り込むタイトルあるいはチャプタを選択し、ディスクから取り出すアイコンをクリックする。(タイトル、チャプタは複数選択可能。)
    読み込み

これで取り込みが行われます。
タイトルをチェックするとタイトルを1つのファイルに。チャプタをチェックするとそのチャプタを1つのファイルに出力します。1つのファイルは3.27GBぐらい(約50分)と決まっているらしく、勝手に分割されます。あとの編集で結合することもできますが、繊細な人だと結合したことが分かるレベルなので、50分以内の適当なところ(シーン転換するようなところなど)でタイトルを分割するかチャプターを打っておくのがベストです。

ちなみに取り込んだ動画は、
【ドライブ名】:\Users\【ユーザ名】\Cyberlink\PowerProducer
配下に.mpgという拡張子で作成されます。

私の場合、これを日付とタイトルからなる名前でリネームして保存することを全てのVHSに対して先に行い、次の編集作業は全てのVHSをPCに保存してから行うようにしました。というのも、沢山あるVHSの年代順の考慮や、1枚のDVD、BDに入る容量などを把握するのに、圧倒的にPC上で行った方が効率が良かったからです。
1度PCに保存すれば、
先の手順で「ディスクのシーン」を選択していたところで、「動画」を選択して、直接保存した動画を読み込めます。
動画ファイルの読み込み

読み込みが完了したら、「ビデオクリップ」を選択します。
ビデオクリップへ
ビデオクリップ
ここで、タイトルの

  • 削除
  • 分割
  • 結合
  • サムネイル選定

といった編集を行います。
VHSのレベルではできなかったフレーム単位での編集ができます。
サムネイルはタイトルメニュー画面で表示されます。デフォルトでタイトル先頭シーンが採用されますが、
VHSから取り込んだ場合、タイトルの先頭にトラッキングノイズが発生していることが多いので、
別のシーンを選定するほうが良いと思います。
ちなみにデフォルトではモーションサムネイルといって、選択したシーンから十数秒を繰り返し再生するようなサムネイルがタイトル画面メニューで表示されます。(赤点の部分で再生されます。)
モーションサムネイル

次はPowerDirectorでの取り込み〜編集を紹介します。

VHS(またはVHS-C)からBD(またはDVD)作成【1】〜VHSからDVDへのダビング〜

このたび、20年以上前のVHS-CやVHSをBDへ書き込む作業を行いましたので、レポートしておきます。
VHSを再生できる機器が次第に無くなってきている昨今、同じようなことを考えておられる方のお役に立てればと思います。

  1. VHSからDVDへのダビング
  2. DVDからPCへの取り込み
  3. BD(あるいはDVD)メニュー作成
  4. BD(あるいはDVD)への書き込み

という順番に説明していきます。

まずは、VHSからDVDへのダビングについてです。
今回の作業にはVHSを再生でき、それをデジタル化できる機器が必要です。
そこで、VHSからDVDへダビングできる機器を探しました。

私が選んだのは、
DXアンテナ製 地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型DVDレコーダー DXR160V
DXR160V

です。現在も新品で手に入れることができる数少ない製品です。
大事な映像データですので、良い状態でダビングするためにも新品を選びました。
新品で手に入れても、作業後オークションなどに出品すれば、実質数千円程度のコストで済みます。
また、VHSなどからデジタル化を代行してくれる業者は沢山ありますが、
量が多い場合は自分でやった方が断然安くできます。

今回、デジタル化する対象には、VHS-Cもありましたので、VHSへ変換するアダプタも必要でした。
VHS-CはVHSよりもコンパクトなカセットで、アダプタを利用することでVHSとして使うことができます。

このような感じのものです。当時使っていたVictor製のアダプタが残っていたので今回はそれを使います。
VHS-C アダプター

最終的にBDではなく、DVDにするのであれば、ダビングするだけで作業は終わってしまうのですが、
DXR160Vに限らず、一般的なレコーダはPCのDVD編集(タイトルメニューなどの作成)機能と比べて若干使いにくいので、
一旦DVDにダビングし、DVDからPCへ取り込み、PCで編集したほうが良いと思います。
そのため、ダビング先となるDVDはDVD-R(1回だけ書き込み可能)ではなく、DVD-RW(何回でも書き込み可能)を使い、
DXR160VとPC間のデータの運び屋として使うと良いと思います。
つまり、
VHS→DVD-RW(運び屋)→PC(編集して)→DVD or BD
というデータの流れになります。

以後の作業も含め、DXR160Vのリモコン内で使用するボタンは、赤で示したボタンのみで、操作はシンプルです。
DXR-160Vリモコン

まず、ダビングの手順です。

  1. VHS(またはVHS−Cをセットしたアダプタ)とDVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「録画モード」ボタンで所望の録画モードを選択します。(私は映像劣化をできるだけ少なくするために、XPにしました。)
  4. 「ビデオ」ボタンでビデオモードに切り替えます。
  5. 「再生」と「停止」ボタンを使い、ダビング開始位置でVHSを停止させます。
  6. 「ダビング」ボタンでダビングを開始します。
  7. ダビング終了位置にて「停止」ボタンでダビングを終了します。

これでダビングができます。
録画モードがXPであれば、1時間程度の映像をDVDへ入れることができます。
その時間範囲で、最後の3手順を繰り返すことができます。

説明が前後しますが、
使用するDVD-R(またはDVD-RW)はフォーマットしておく必要があります。
DXR160Vでも簡単にできます。

  1. DVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「セットアップ」ボタンで画面遷移します。
  4. 「ディスク管理」を選択して、「決定」ボタン。
  5. 「フォーマット」→「VRモード」を選択して、「決定」ボタン。

dvdformat
です。VRモードでフォーマットして下さい。

また、DVD-RWを運び屋として使う場合は、作業の前に前回のタイトルを消す必要があります。これもDXR-160Vで簡単にできます。(フォーマットしてしまうのもありだと思います。)

  1. DVDをDXR160Vに入れます。
  2. 「DVD」ボタンでDVDモードに切り替えます。
  3. 「トップメニュー」ボタンで画面遷移します。
  4. 表示されたタイトル一覧で削除するタイトルを選択して、「決定」ボタン。
  5. 「タイトルを削除」を選択すると削除できます。

タイトル削除
で、全タイトルを削除して、再び、1時間分貯める、という作業を繰り返すことになるかと思います。
2枚程度DVD-RWを用意し、ローテーションさせて、次の作業である「DVDからPCへの取り込み」と並行に作業すると良いと思います。
(どちらも時間を要する処理ですので。)

次はその「DVDからPCへの取り込み」を紹介します。