Tizen 2.0 alpha SDKをUbuntu 12.10へインストール

Tizen 2.0 alpha SDKをUbuntu 12.10へインストールについて、いくつかネット上に転がっていた情報とは異なる点があったので、その点を含めてインストール手順を書いておきます。

私はMacBook Proを使っています。すでにWindows 7をBootCampで利用するため、VMWare Fusionをインストールしていました。ここにUbuntu 12.10をインストールしました。Ubuntu Desktop 日本語 Remix CDを使用しました。

Tizen SDKインストールという本題からは話が逸れますが、Ubuntuが日本語環境にならないという現象に見舞われました。これは私の単純なミスでした。VMWare FusionでUbunutをインストールするときに、「簡易インストール」という機能があり、これを有効にしてインストールしていたためです。
「簡易インストールを使用」のチェックを外し、[続ける]をクリック。

さて、話を戻します。Ubuntuをインストール後、まずTizenに必要なパッケージをいくつか用意します。

まずはOracle Java 7

> sudo add-apt-repository pap:webupd8team/java
> sudo apt-get update
> sudo apt-get install oracle-java7-installer

あとはSDKの提供元(https://developer.tizen.org/downloads/sdk)
In Ubuntu®, the following packages: procps, gettext, libdbus-1-3, libcurl3, expect, gtk2-engines-pixbuf, grep, zip, make, and qemu-user-static
という情報があるので、足りないものを

> sudo apt-get install gettext libcurl3 expect libgnome2-0

でインストールしました。これで事前準備完了です。(この時点ではですが。)

次はインストーラの用意です。今回は(imageではなくて、)ネットワークを利用するので、
SDKの提供元からInstall Manager(tizen-sdk-2.0-ubuntu32.bin)をダウンロードします。

> chmod +x tizen-sdk-2.0-ubuntu32.bin
> ./tizen-sdk-2.0-ubuntu32.bin

これでWizardにしたがっていけば、インストール完了です。

インストール後、推奨環境(11.10など)でないためか、いくつかおかしな点がわかってきました。
まず、Unityのランチャーなどには登録されません。
ですので、コマンドラインからIDEを起動しました。

> ./tizen-sdk/ide/startup.sh

無事に立ち上がりましたが、Tizen Web Projectを新規作成しようとしたところで、次のエラーがでました。


Unhandled event loop exception
No more handles

An SWT error has occurred.
You are recommended to exit the workbench.
Subsequent errors may happen and may terminate the workbench without warning.
See the .log file for more details.
Do you want to exit the workbench?

これらエラーは以下で対応できました。

> sudo apt-get install libwebkitgtk-1.0.0

さて、無事プロジェクトを作成できるようになりましたので、実際にエミュレータで動かしたく、エミュレータマネージャーでエミュレータの生成を行います。

> ./tizen-sdk/tools/emulator/bin/emulator-manager

x86-standardでエミュレータを作成します。そして、作成エミューレータを起動すべく、「Launch」ボタンをクリックします。
ここで、何も反応がない状態となりました。どうやら起動に失敗しているようです。

作成したエミュレータはx86エミュレータと連携して動いているようなですので、まずx86エミュレータが動作しているのかを確認してみると、

> ./tizen-sdk/tools/emulator/bin/emulator-x86
./tizen-sdk/tools/emulator/bin/emulator-x86: error while loading shared libraries: libSDL-1.2.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

とlibSDL-1.2.so.0がない旨を返してきます。

そこで、

> sudo apt-get install libsdl1.2debian

すると、

> ./tizen-sdk/tools/emulator/bin/emulator-x86
Segmentation fault (コアダンプ)

とlibSDL-1.2.so.0を見つけられるようになります。(コアをはいていますが、emulator-x86が本来単独で動くものではなく、無理矢理動かしているからだと思われます。)
ちなみに、推奨環境バージョンのUbuntuでは元々/usr/lib/i386-linux-gnu/libSDL-1.2.so.0が置かれていました。

さて、emulator-managerを起動し、「Launch」ボタンをクリックします。
起動しました。

ひとまず、Tizenの開発を進められる状態になったと思っています。
しかしながら、「推奨環境でやるべきだったなぁ」というのが本音というか反省すべき点です。